ほぼ日刊ホニャプラ連絡帖

紙立体デザインの専門家の制作室

ダンボールと割ピンで点対象アルファベット

ひさしぶりの記事ですが こんなものを。

 

(記事だけでなくこれまで生きてきた時間のなかでも

「じぶん〆切」を何度落としたかわかりません)

 

まずは倅の幼児のご要望であった、

「点対象ごっこアイテム」のことです。

私と彼の、つくるスイッチが入った瞬間をのがさず作ったものです。

 

f:id:honyaplan:20181005155125j:plain

 

 

f:id:honyaplan:20181005155115j:plain

f:id:honyaplan:20181005155121j:plain

 

これはトイレにはってあった図形の学習のポスターを倅がみているうちに

アルファベットのNは点対象だというのが書いてあって、どうも気になり

ママこれくるくるしてみたくなった というのがはじまりです。

 

[材料]

・割ピン(いろんな色がついてるやつがかわいい。アマゾンで売っている)

・ダンボール(なんでもいいけどちょっと薄いやつが切りやすくていい感じ)

・6Pチーズの空き箱(台紙に使ってみたらちょっとすてきになる)

 

[道具]

はさみ、カッター、黒いマッキー(黒じゃなくてもいいけど)

カラーペン(絵の具でもクレヨンでも色鉛筆でも)

 

さて

カッターとはさみで文字を切り抜く作業をはじめたところ

Nだけつくる気でいたはずが

ママAつくって とかEつくってとか ふくらませてきたので

しぶしぶ切ってたら

気持ちとは関係なく手が動く職業病で作業がすすんでしまい

さらに幼児がいい感じに色など塗りだしたものだから

私も、回したときに台紙にカタチが残るようにアウトラインで塗りだし

こ、これでフォント作ってやる、フォント、と おかしくなって

ふたりで無言でつくっていました。

そのうち、アルファベット全部コンプリートしないといけない。いけないよこれは。

という流れになりました。

Cはセンターが抜けてるから回すとおもしろいよ。

ちなみにまだコンプリートしてませんのでスイッチ入ったら続きを作ります。

Wとかおもしろいよたぶん。

OとかQはどうすりゃいいんだ?

 

こんな程度の工作であっても

つくっていると

「紙だけで簡単につくらなきゃいけない、安くしたい量産できなきゃいけない」

という縛りが無いため

どこかにとんでいってしまいそうになりますが

またなにか

そういうふうにつくったほうがいいのだろうね。

けっこう楽しかったから、誰かにも教えてあげようっていうほうが

ふつうの感じがします。

 

きょうはこのへんにしておきます。

またこんど。

ほかの対象形もやりたいよね。

あとラッションペンは細いから太いマジックがいいよ。

ホワイトボード用のペンとかもいい。