ほぼ日刊ホニャプラ連絡帖

紙立体デザインの専門家の制作室

見えるは見えない

f:id:honyaplan:20181006060248p:plain

以前「山の日ヤーマンをつくる過程」の記事で

展開図制作のときに頭の中でなにが起きているのかという

一番だいじなところを説明できていなかったのが

ちょっと気になっていたのでもうちょっと説明をがんばったことがあって

そのままにしていましたが、このような図になったことをメモします。

なにが起きているのかというより、なにが起きたのかということになります。

ちょっとはマシでしょうか。

 

説明できなかったところとは、この図↓です。

f:id:honyaplan:20181006060655j:plain

「しゅっ」とありますが

そこんところが、上の青いバックの図の

矢印のところです。

まあどうでもいいことといえば、どうでもいいことです。

 

「しゅっ」とできるところというのは、人によって違うけど

私の場合はこの、変なところだというものです。

しかしこれには、困ることがあります。

新宿某所の建物の出入り口のドアが内面ミラー張りで

頭の中が迷路になってしばらく外に出られなったり

ちょっと複雑なところを歩くと方向がわからなくなって友達に「東がないんだよ」

と、連絡したことがあります。

 

まあしょうがない。

レーダーチャートがきっちり整ってる人のほうが珍しいよね。

というか

整ってるほうが奇跡だと思うけどなあ。